ニュース

ニュース > お知らせ > GIGABYTE社マザーボード製品のWindows 11対応状況について
お知らせ

GIGABYTE社マザーボード製品のWindows 11対応状況について

株式会社ニューエックス(本社:東京都千代田区)は、弊社が正規代理店を務めますGIGABYTE社より、マザーボード製品のWindows 11対応状況が公開されましたことをお知らせいたします。

Intel X299/C621/C232/C236/C246/200/300/400/500シリーズ、およびAMD TRX40/300/400/500シリーズのチップセットを搭載するGIGABYTE社製マザーボードのBIOSは、ファームウェア TPM 2.0機能に対応。BIOSでファームウェア TPM関連機能を有効にするだけで、Windows 11のTPM 2.0検証に合格することができます。Intel X299/B250チップセット以上のプラットフォームではPTT(Platform Trust Technology)、AMD AM4/TRX40チップセットではfTPM機能が該当いたします。

先日発表されたWindows 11は、Microsoft社が提供する最新のオペレーティングシステムで、生産性、システムセキュリティ、ゲームのパフォーマンスを効果的に向上させる数多くの新機能やAndroid APPのサポートを備えています。Microsoftのウェブサイトで互換性と最小システム要件を確認することができます。一部の機能では、特定のハードウェアやCPUのサポートが必要になる場合がありますので、ハードウェア要件の詳細をご確認ください。

GIGABYTE社マザーボード製品のWindows 11対応状況について

Intelチップセット対応表

シリーズ チップセット
200系 Z270/H270/B250
300系 Z390/Z370/H370/B360/B365/H310
400系 Z490/H470/B460/H410
500系 Z590/B560/H510
その他 C621/X299/C236/C246/C232

AMDチップセット対応表

シリーズ チップセット
300系 X399/X370/B350/A320
400系 X470/B450
500系 X570/B550/A520
その他 TRX40

BIOSの設定方法

Windows 11およびマザーボード製品の詳細について

●本記事に関するお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

※ ニュースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ ニュースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

※ 消費税表示に関しまして、令和2年1月1日以降に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成29年1月1日から令和元年12月31日の期間は「外税表示」とさせて頂いております。